モデーアのワンダーランドってどんなグループ?元会員が語ります!

モデーアのワンダーランドってどんなグループ?元会員が語ります!

 

「あなたの夢はなに?」

「どんな人生を送りたい?」

「私は人生の師匠(メンター)を見つけて変わった」

「あなたも私と一緒に学ばせてもらおうよ!」

 

あなたの周りにこんなことを言いながら近づいてくる人がいませんか?

 

そして、その誘いに乗って話が進んで行くと、

という言葉に出会いませんでしたか?

 

この記事を読んでいる方は既にネットワークビジネスの勧誘をされ、「ワンダーランド」のことを知っている人かもしれません。

 

そして、私の人生が変えられるかもしれない!と思い、一歩ふみ出したけどギモンや不安があって、ネット検索した人かもしれません。

  

こんにちは!元ワンダーランド会員のむーちゃんです!

 

私自身はワンダーランドに入って約2年半、ネットワークビジネスを行いましたが結果を出せず、200万近い借金を作って辞めました。

 

ワンダーランドに入ったときは「自分も頑張ろう!」と思っていました。

 

しかし、思うように結果が出ない日々が続き、いよいよこのままでは本当に後戻り出来なくなると思った時にワンダーランドを抜けました。

 

この記事では私が所蔵していたワンダーランドというグループについてお話しします。

ワンダーランドに出会ったばかりの方、すでにギモンや不安を感じている方は参考にして下さい。

 

ちなみに私がワンダーランドを辞めた理由は「私がモデーア(ワンダーランド)を辞めた理由」でご紹介しているので、良かったらこちらも読んでみて下さいね。

 

 

ワンダーランドとは?

モデーアのワンダーランドってどんなグループ?元会員が語ります!

 

ワンダーランドについてググると出てくる言葉は

など、色々と出てくると思います。

 

ここではそもそも「ワンダーランドって何?」というギモンについて元会員がご紹介します。

 

ネットワークビジネスを行うグループの総称

ワンダーランドはネットワークビジネスを行うグループの総称です。

私が所属していた時で、ワンダーランドの会員は約6,000人ほどだったと思います。

 

主に東京と大阪を拠点にしていて、私は大阪で活動していました。

大阪の本拠地は大阪福島にあります。(東京はたぶんもっと広範囲です。)

 

ワンダーランドのトップがモデーア(旧ニューウェイズ)の会員なので、「ワンダーランドに入会=モデーアでネットワークビジネスをする」という形になります。

 

ワンダーランド内にもたくさんのチーム(グループ)が存在する

先ほど、ワンダーランドはネットワークビジネスを行うグループの総称とお話ししましたが、ワンダーランド内にもたくさんのチーム(グループ)が存在します。

 

ワンダーランドは私がいた時で約6,000人の会員がいましたが、その中にはもちろん「自分から始まる会員が50人・100人・300人」という会員もいます。

 

そうしたリーダーと呼ばれる会員になると、自分のチームとして立ち上げます。

ただし、母体はワンダーランドである事に変わりはないので、アンダーランド内のチーム(グループ)という位置付けです。

 

ワンダーランドの考え方

モデーアのワンダーランドってどんなグループ?元会員が語ります!考え方はこうだ!

 

ワンダーランドでは独自の考え方や文化が末端の会員まで強く根付いています。

モデーアでネットワークビジネスを行うワンダーランドの考え方についてご紹介します。

 

モデーア=ワンダーランドではない

ワンダーランドに入会するとモデーアでネットワークビジネスを行うとお話ししました。

ただし、ワンダーランドに入ったからといって、モデーアの社員になるワケではありません。

また、ワンダーランドはモデーア会員の一部からなる集団です。

 

そして、セミナーでは毎回「ワンダーランドの活動の1つとしてモデーアを扱っている」とうたっています。

 

自分たちは事業家集団

ワンダーランドの考え方で「自分たちは事業家集団」というのがあります。

ワンダーランド会員でモデーア以外のビジネスをしている人もたくさんいます。

 

これは先ほどお話しした、ワンダーランドの活動の1つとしてモデーアを扱っているという部分にもつながります。

 

ワンダーランドの幹部や師匠たちが複数の会社を経営していることも理由の1つです。

 

アップラインの言うことは絶対

本来、ネットワークビジネスにはノルマはありません。

しかし、「モデーア(ワンダーランド)で理解できない考え方と行動」という記事でご紹介していますが、アップラインから「オススメ」された事は基本的には断れません

 

「ビジネスは自分で決め、自己責任で行うモノ」と言っているのに、自分の意思で断ると、

  • 成功している人はみんなやってるよ!
  • リーダーに引っ張ってもらうならやらないといけないよね!
  • あなたもやらないとサポートしてもらえなくなるかもしれないよ?

と、上の方に行けば行くほど言葉巧みに、直接的な表現をさけながら強制をしてきます。

 

これで何がコンプライアンスを守って活動しているのでしょうか?笑

 

ビジネスとプライベートを分ける

ワンダーランドでは異様なほどに「ビジネス」と「プライベート」を分けて活動しています。

  • 今はビジネスの時間
  • 今はプライベートな時間

と、活動している人、時間、場所は同じなのですが、徹底してこの2つを分けています。

 

ワンダーランドに限らずネットワークビジネス業界はトラブルもたくさんあります。

(ブラインド勧誘とか。)

 

ニューウェイズも業務停止命令を受けて活動が出来なかった時期があります。

その原因の1つにワンダーランドも関係しているようで、ビジネスとプライベートを徹底して分けています。

 

まとめ

この記事ではワンダーランドというグループについて、元会員がご紹介しました!

 

モデーア(旧ニューウェイズ)に限らず、アムウェイニュースキンなど、ネットワークビジネス業界は強烈な光の部分を見せて勧誘をしてきます。

ただし、その一方で深い闇があることも事実です。

 

ワンダーランドも本質は同じで、関わらないことが1番です。

 

もし、あなたもワンダーランドの会員から勧誘を受けているならキッパリ断りましょう。

私のようになる方が1人でも救われることを願っています。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ではまた。